講師 棚原 俊平 (タナハラ シュンペイ)
1983年、沖縄県宮古島市生まれ。7歳より松堂智枝子氏の下でピアノを始める。平良中学校を卒業後、福岡第一高校音楽科に進学し、宝木多加志氏に師事。第39回・40回北九州市芸術祭において、それぞれ市議会議長賞、市長賞を受賞、第3回別府アルゲリッチ音楽祭にて、Alan Weiss 氏のマスタークラスを受講する。2002年、英国王立音楽大学に留学し、ピアノを Niel Immelman、伴奏法・室内楽を Julian Jacobson、Kathron Sturrock、フォルテピアノを Simon Nicholls の各氏に師事。また、ピアノ教育法を Nigel Clayton 氏に師事する。2006年、オランダ・ユトレヒト音楽院に進学し、ピアノを Alan Weiss 氏に、また、リコーダー・古楽器演奏法を Heiko ter Schegget 氏に師事。ヨーロッパ各地において、Pascal Devoyon、Menahem Pressler、Christopher Elton、Marios Papadopoulos、Martin Roscoe、Rainer Becker、Jeanette de Boer 等、著名なピアノ教育者のマスタークラスを受講。